オーストラリア進出のメリット

安定した経済成長
人口増加-毎年約1.5%の成長(2050年には現在の倍、約4000万人)
実質GDP成長率2014年~2016年:平均約2.5%
オーストラリア4大銀行はS&PランクともにAA-
25年間続いていてGDPプラス成長(GFC後もプラス成長)
IMFの予想では2016−20年の間でGDP年平均2.85%の成長
健全な財政状況
純債務残高15/16年度2,796億ドル(GDP比16.7%)
基礎的現金収支は23/24年度までに対GDP比1%以上の黒字化に達する見込み
ソブリン格付けではAAA (S&P、Moody’s、Fitch)
大企業参入が少ない(スモールビジネスが盛んな国)
中小企業に大チャンス!
海外進出初心者向き大企業には採算があわず、進出しづらいためマーケットホルダーがいない
小中規模のビジネス売買が盛ん
オーストラリアの多くの市場は競争相手が少なく、手つかずで、ビジネスには魅力的な土壌
国策的にスモールビジネスを促進している
中小企業でも進出しやすく、また勝算の高い市場
世界進出戦略の発信拠点、世界のテストマーケット
アジアにある欧米社会移民国であり、欧米文化を併せ持つオーストラリアこれから各国へのビジネス展開を考えている場合、テストマーケットとしても重要な位置づけ

参考データ ①

<世界銀行発表>起業しやすさランキング(中小規模事業、2015年)

  1. ニュージーランド
  2. マケドニア
  3. カナダ
  4. 香港
  5. アルメニア
  6. グルジア
  7. アゼルバイジャン
  8. リトアニア
  9. ジャマイカ
  10. シンガポール
  11. オーストラリア

日本は81位

参考データ ②

オーストラリアのGDP成長は先進諸国の中でトップ!

オーストラリア進出

2016年度1人当たり実質GDP:AU$68,900 (約600万円)
日本2016年度1人あたり実質GDP:420万円
高付加価値商品への需要が見込めるオーストラリア = 安定的な利益を生む市場になりえる
豪ドル高による輸入増(主要通貨に対して強いオーストラリア・ドル )
日本食の広まりを豪ドル高が後押し
世界最高レベルの日本的なサービスが成功のカギ
普通にやれば勝てる-日本では当たり前のことが、オーストラリアでは高評価
積極的な移民受け入れ (移民受入数毎年約25万人)
日本人への高い親近感(アジアトップ)
ニュージーランド、カナダ、イギリス、アメリカに次いで日本 日本のイメージ-伝統と文化、経済力と先進テクノロジーの国
日本との時差がほとんどなく、気候、治安が良い(時差1時間)
法人設立手続きがスムーズ(最短1日設立完了)

無料お問い合わせ、お見積もりは➡️ こちら »