オーストラリア市場調査⑤:カフェ&コーヒーショップ市場(ビジネス進出)

今回はカフェ業界についてです。
あまり知られていないですが、オーストラリア人はかなりコーヒーの味にはうるさいです!
なので、街にはすてきなカフェがたくさんあります。
個人経営が多いのもこの業界の特徴ですね。
最近ではオーガニック系のカフェやレストランがはやっているように思います。

業界シェア:
大きくシェアをもっている起業はありません。

業界の総売上:
$4ビリオン(約4000億円)

労働者数:
約86,000人

企業数:
約6,700企業

製品:
コーヒー
飲み物
食べ物

類似産業:
パブ&バー
ケータリングサービス
レストラン
ファーストフードサービス

産業活動:
カフェオペレーション
コーヒーショップオペレーション

業界動向:
この市場は、過去5年間、非常に力強い成長トレンドでした。その背景にはオーストラリア人が持つ、コーヒーのクオリティーに対する意識が強くなったことが一つの要因です。
第2次世界大戦後のヨーロッパからの移民の流入が増えたことにより、ヨーロッパスタイルのカフェの出現により、コーヒー文化はオーストラリア全土に広がっていきました。

オーストラリア人のコーヒーに対する愛情は2008難以降の景気減速時でも衰えることなく、過去5年間の収益率の成長に大きく寄与してきました。

過去5年間の年平均成長率は約3.2%となっています。

2014−15年も若干成長が鈍化することが予想されていますが、4300億円の総売上が見込まれています。

今後も安定して成長していく市場となるでしょう。