オーストラリア市場調査⑫:不動産賃貸サービス市場

業界シェア:順不同
LJ Hooker
Ray White Group

業界の総売上:
$4ビリオン(4,000億円)

過去5年間の年平均成長率:
6.1%

労働者数:
約23,500

企業数:
約12,500

製品、サービス:
不動産賃貸
不動産マネージメント

類似産業:
オフィス不動産オペレーションサービス
不動産サービス

産業活動:
住居用不動産マネージメント
住居用不動産賃貸
商業用不動産マネージメント
商業用不動産賃貸

業界動向:
不動産マネージメント会社は、貸し手である不動産オーナーと借り手であるテナントをつなぐ非常に重要な役割をこの業界で担っている。

現在オーストラリアでは約230万世帯、600万人が賃貸物件に住んでいる。
これらのほとんどの物件が、不動産オーナーではなくLJ HookerやRay Whiteなどの不動産マネージメント会社が管理している。

通常不動産マネージメント会社は、家賃収入からおおよそ7-8%程度のマネージメントフィーを不動産オーナー側より受取っている。

過去5年間の成長率は、年率平均6.1%、非常に高い伸びとなっている。
背景には、リーマンショック後の不動産価格の下落や政策金利の定価により、不動産が購入しやすくなったことや人口増加が非常に安定していることなどが挙げられる。

この業界は資本集約度は低く、基本的には不動産オーナーとテナントをつなげ、Day to Dayのタスク管理を行うことであるため、結果として賃金が業界の費用の大部分を占めている。